食いしん坊家族の日常

暮らしをちょっと豊かにする食べ物の情報を気ままにお届けします

【市販薬】ロキソニンはS、Sプラス、Sプレミアム、など種類あるけどどれを買えばいいの?それぞれの違いや特徴についてまとめました。

こんにちは!現役で薬剤師をしている、食いしん坊家族(夫)です。

昨今、コロナワクチン接種後の副反応には発熱、倦怠感、頭痛、発疹、かゆみなど様々ありますが、37.5℃以上の発熱も起こることがあるため、発熱や頭痛に効く解熱剤は事前に用意しておきたいところだと思います。

今回は、市販品のロキソプロフェン含有医薬品についてまとめます。特に、ロキソニンはS、Sプラス、Sプレミアムと何が違うのか分かりづらいので、そこも含めて書きます。

【目次】

ロキソニンS

ロキソプロフェンのみを成分とした医薬品です。ロキソニンシリーズで、最もシンプルで、医療用に最も近い医薬品です。

ロキソニンSプラス

ロキソニンSに「胃を守る成分」をプラスした、胃に優しい痛み止めです。ロキソプロフェンは胃にダメージを与える副作用があり、飲んだ後に胃が痛くなる方も少なくありません。そのため、胃が痛くなる方はこちらをおすすめします。

ロキソニンSプレミアム

ロキソプロフェンの他に「痛みに効く成分」が2種類配合され、さらに「胃に優しい成分」も配合された痛み止めです。ロキソニンS、Sプラスよりも痛みを抑えたい方におすすめです。

ロキソプロフェン錠「クニヒロ」

ロキソニンSのジェネリック医薬品です。成分はロキソニンSと同じで、ロキソプロフェンのみとなってます。値段はロキソニンSよりも少し安いです。まとめ買いすると結構な差があります。

 

ロキソニンはどこで買える?

ロキソプロフェン含有医薬品は第一類医薬品に分類されるため、薬剤師のいるところでしか販売できません。

おすすめは薬局が一体化したドラッグストアです。市販薬の取り扱いが多く、薬剤師がいるためほとんどのところで買えると思います。

また、最近ではamazonでも簡単に買えるようになってます。しかし、ロキソニンは「腎臓の悪い人」、「妊娠中の女性」など注意が必要ながいるため、医師、薬剤師へ相談の上、購入することを強くすすめます。

 

他にも、コロナワクチン接種後の副作用(発熱や疼痛)に効果のある解熱鎮痛剤(市販薬)についてまとめていますので、こちらも宜しければご覧下さい。

kuishinbo-fam.hatenablog.com